0
ふくだ農園責任者

品種の多さ

10種類以上のみかんを年中収穫

ふくだ農園の特徴としまして、栽培される品種の多さが挙げられます。みかんは冬の果物のイメージですが、自然農法で作られる福々みかんでは、9月から超極早生温州みかんの味1号から始まり、10月には極早生温州みかん、味3号と続き、11月頃から早生温州みかんが収穫され、1月にポンカン、2月には、はるみ、麗紅(れいこう)と続き、3月頃から不知火(しらぬい)、みえ紀南4号(味4号)の”みえのスマイル”、セミノールと続き、4月頃からカラマンダリン、6月上旬まで甘夏(レッドサンフルーツ・熊野サンフルーツ)が収穫されます。一年を通して個性豊かな自然の美味しさが楽しめます。

ふくだ農園の子供たち

超減農薬栽培

お子様にも安心

ふくだ農園の福々みかんは、運営している畑の一部を使い超減農薬の栽培をおこなっております。超減農薬で作られる品種は、極早生温州みかん、みえのスマイル、甘夏があります。青果販売以外にジュースも製造しており、皮までギュッと絞った自然のコクが詰まったジュースは大人から子どもまで安心してお飲みになられます。

糖度が高いマルチ栽培

マルチ栽培方法により糖度が高い福々みかんを収穫しています。マルチ栽培とは、地面に白いシートを張り、水分の吸収を減らしコントロールすることで、ストレスを与え糖度を高くする農法です。ふくだ農園では、おもに温州みかん全般におこないます。

三重御浜町のみかん

恵まれた土地

平均年間気温17.6℃

御浜町(みはまちょう)は、三重県の南端にあり、東紀州地域に含まれています。年間を通して温暖多雨な気候がみかんの栽培に適しており、自然農法で数多くの品種を年中収穫する土地は他にはありません。

最適な環境の中で私達が出来ること

甘いだけじゃない。自然が作り出すコクのある美味しさを最大限に引き出すために、そして子どもの世代まで安心して食べられる福々みかんであるため、農薬は減らし、牛糞鶏糞などの有機肥料を使用しています。

ふくだ農園からのお知らせ

お知らせ一覧

みかん農園の日常ブログ

採れたての福々みかん
直送しませんか?

気候、木のコンディションにより、一本一本の木になる実多さや、有機肥料の追肥、水、枝の管理を徹底しました
福々みかんは味が濃く、とても美味しくお召し上がりいただけます。